笑顔の女性

うつは医療機関で治療可能【明るい未来への道】

仕事でストレスがある時は

男性の医者

うつ病には様々な治療方法があります。またうつと診断された場合は、就業規則に休職の項があるのなら、このシステムを利用して、会社を休んで治療に専念することもできます。デメリットがないかと心配する人もいるかもしれませんが、むしろメリットの方が多いですし、幾分少なめながら収入も得ることができます。

» 読んでみよう

意欲減退を取り戻します

笑顔の男性

更年期や自律神経失調症など、中高年を中心にうつ病は発症します。感情をコントロールする神経伝達物質が乱れる事で、自己の思考を上手に操作できずに抑うつ状態になります。治療には神経伝達物質を整える薬物療法と、認知行動療法によって柔軟な思考力を取り戻していきます。

» 読んでみよう

気分が優れない際の対処法

婦人

注意すべき点

気分が優れず、落ち込むことは誰にでもあります。失敗をしたとき、物事が思うように進まないとき、自分の力だけではどうしようもない壁にぶつかったとき、など、シチュエーションは様々です。また、気分の落ち込みの程度も、受けるダメージの大きさによって、様々です。このようなネガティブな気持ちの動きは、誰もが日々経験することだということができますが、その気分の落ち込みがひどく、また長引き、自分でもなかなかコントロールが難しくなるような状態になれば、注意すべきだといえます。多くの場合、気分の落ち込みは、人との交わりや、気分転換、あるいは自分自身で考え、消化することなどにより、解消されるものです。解消していく過程は様々で、また解消にかかる時間も様々です。しかし、ある程度の時間がかかっても解消されない場合には、脳や神経の機能が落ちていたり、気持ちのコントロールをするための機能が働いていない場合があります。このような場合は、うつになっている可能性があり、心療内科などで専門の医学的な治療が必要な場合があるからです。

人気が出てきている理由

うつは、単にがんばれば解消されるとか、やる気が足りないとか、という問題ではなく、医学的に脳や神経で機能すべき部位が正常に機能していない状態なので、そのまま放置しておいても治癒する可能性が少ないばかりでなく、さらに悪化する可能性もあります。うつはひどくなると自傷行為や自殺にまでつながる深刻な病気です。最近は、うつをはじめとする様々な精神的な病気に対する理解が広がり、治療も発達してきたため、様々な偏見も減ってきました。職場におけるうつも労災と認められたりするなど、かつてのように精神的な病気の治療をためらう人たちも少なくなってきました。このように、うつには専門の治療が必要だという認識が広まったことが、うつなどを専門に扱う医療が人気を得ている理由だということができます。同時に、職場のうつや家庭の中でのうつなど、いままで表に出てくることが少なかった病例が多く明るみになってきていることも事実です。うつは専門的な治療が必要な、深刻になりかねない病気であるという正しい認識と同時に、うつは治る病気であるという認識も必要です。もし家族が、あるいや友人や職場の人がいつもと違うようであれば、心療内科などの医療機関への受診を進めてみましょう。

サブメニュー

身近な病気です

相談

身近なものになってきているものに、うつという病気があります。家族も見守ってあげることが大事なものですが、医師に相談することできちんとした治療を進めていくことが出来ます。

» 読んでみよう

精神疾患を治すために

医者

うつ病を発症する人は、若者が多いというイメージがありますが、老老介護によるストレスで発症する高齢者が徐々に増加しています。このような事実は未だ知らない人が多いです。なお、治療には周りの支援が必要であるため、支援できる施設を増やすことが今後の課題となっています。

» 読んでみよう

精神病の原因の改善

笑顔の女性

うつの治療は相談による原因と、処方する薬を慎重に確認する必要があります。治療の幅を広げて問題の解決を減らすためには、適切な行動をとることです。治療は心の疲労を取り除いて気力が戻るので、うつの改善をすることが可能です。

» 読んでみよう